手軽な埋没法?確実な切開法?自分に合った方法で二重にする

投稿記事

手軽に受けられる埋没法

満足している女性

二重整形には、まぶたを切開することなく二重を手に入れられる「埋没法」という方法があります。埋没法は、メイク感覚で受けられる手軽な整形法で費用も安く、二重整形のなかで人気を集めています。

詳しく

切開法で確実な二重

きれいな女性

確実に二重を定着させたい人には、切開法で二重整形をするのがおすすめです。埋没法に比べると費用が高くなりますが、その分確実な効果を実感でき、さらに長期的に二重を維持できます。

詳しく

眼瞼下垂手術で大きな目

大きな目

二重整形の1つとして、「眼瞼下垂手術」というものがあります。これは、目が開けづらいなどの症状である「眼瞼下垂」を治療することを目的としていて、この手術でパッチリとした目元を手に入れられます。

詳しく

安心できる保障制度

女医

美容外科で二重整形を受けたとき、希望通りの二重ラインが実現できるとは限りません。また、二重ラインが元に戻ってしまうこともありますので、美容外科を選ぶ際には費用だけでなく保障制度の有無も確認しておきたいところです。

詳しく

周りに気付かれずに整形

自然な二重

費用をかけて行なう二重整形ですが、人によっては周りに気付かれることを避けたい人もいるはずです。そういった人のために、二重整形をしたことを周りに気付かれないためにはどうしたらいいのか紹介していきます。

詳しく

整形前に知りたい種類

パッチリ二重に整形

まぶたは大きく分けると一重と二重の2種類あり、一重の人にとって二重は憧れのまぶたかもしれません。
二重に憧れる一重の人は、アイプチやアイテープを使って、二重を作るのではないでしょうか。
アイプチやアイテープを使うことで、簡単に二重を手に入れることができますが、このような方法で二重を作っても、化粧を落とすと二重から一重へと戻ります。
また、アイプチやアイテープで二重にすると、その分まぶたがたるんでしまい、さらに重たいまぶたになってしまうといわれています。
では、二重に憧れる一重の人が長期間二重を維持するにはどうしたらいいのかというと、それは美容外科にて二重整形を受けるのがおすすめです。
とはいえ、「二重整形は怖いもの」と思っている人もいるかもしれません。
恐らくそういった人は、美容外科で行なわれている治療がメスを使ったものとイメージしているのではないでしょうか。
ですが、二重整形にはメスを使わずに治療が受けられるものもありますので、二重整形を怖いと考える人でも安心して治療が受けられるはずです。
二重整形は、美容外科によって治療にかかる費用が違ってきますので、複数の美容外科を見比べながら美容外科選びをするといいでしょう。

一重の人が二重整形を受けるとなると、知っておきたいのが二重の種類です。
二重といっても種類がありますので、その種類を知っておくことで自分がどんなまぶたを希望するのか決めやすくなるでしょう。二重の種類としては、末広タイプと平行タイプ、奥二重タイプの3つがあり、整形を希望する人のほとんどが末広タイプや平行タイプを選びます。
末広タイプは、目頭から目尻に向かってまぶたの幅が広くなっていくまぶたの状態をいいます。
このタイプは日本人に多いといわれ、また日本人の顔に馴染むのも末広タイプだといわれているので、自然な二重を作りたい人は、このタイプがおすすめでしょう。
一方平行タイプは、目頭から目尻までまぶたの幅が一定の状態をいいます。
このタイプはヨーロッパなどの外国人に多いといわれ、日本人が平行タイプのまぶたにすることでハーフ顔のように見せることが可能ですから、ハーフ顔に憧れる人は平行タイプのまぶたが向いているでしょう。
そして、もう1つの二重といわれるのが奥二重タイプです。
このタイプは、一見一重に見えるのですが、よく観察してみると実は薄っすらと二重ラインが入っています。
奥二重タイプで満足しているという人もいますが、末広タイプや平行タイプといったパッチリとした目元に憧れ、そのような目元への整形を希望する人が多くいます。